腰痛が整形外科などの病院で治らない1番の原因。

low-back-pain-orthopedic-hospital-ai

整体MAXのスポンサーリンク

私も全ての腰痛の人を治せるわけではありませんが、
腰痛があり整形外科を受診しても良くならない理由をこの記事で書いていこうと思います。

早速、整形外科などの病院で腰痛が治らない1番の原因は
腰痛の原因を見つけることができない、からです。

厚生労働省の発表では85%の腰痛の原因は分かっていません。

原因のわからない腰痛を「非特異的腰痛」と難しい言葉でいわれています。

原因がわかっていないと適切な対処ができません。
ですので、多くの人は病院で“湿布や痛み止めの薬を処方される”だけになるんです。

腰痛の原因を見つけるために、整形外科などの病院での主な検査方法は、
レントゲン検査やMRI検査などの画像検査で腰痛の原因を探しています。

この画像検査はすごく優秀なので、頼りすぎているのが現在の医療です。
私もすごく重要な検査と考えていますが画像検査で出た結果が、

今 あなたの腰痛の原因になっているか?」は別な事が多々あります。

例えで言うと、この患者さん。

病院で画像検査の結果、
「腰椎椎間板ヘルニア」が原因で腰痛になっていると診断された患者さん。

1年間、リハビリやブロック注射をしてもらっても腰痛が治らなかったそうです。
たまたま、腰痛が治っただけかもしれませんが、、、。

私が行った施術は、股関節の動きを良くしたことです。
腰は全く触っていません。

腰痛の原因は、腰にはない

厚生労働省の発表に、85%の腰痛の原因がわからないのは
そもそも、腰に原因がないから。だと私は考えています。

では、残りの15%の画像検査で原因が分かっている腰痛は治せるんでしょ?
ということなのですが、

教科書には、腰痛の原因の1番の原因は「椎間板ヘルニア」と記載しています。

椎間板ヘルニアになったら、腰が痛いのか?

椎間板ヘルニアがあって腰の痛みを感じている人も多いです。
逆に、椎間板ヘルニアがあっても腰の痛みを感じていない人もいます。

椎間板ヘルニアが画像検査で見つかっても、
腰痛の人と、そうでない人がいるということです。

こんな話を聞くと、私は単純なので
じゃ、『椎間板ヘルニアで手術をする必要はないんじゃないの?』と考えてしまいます。

今度は、この患者さんの動画を見てもらいたいと思います。

この患者さんは、椎間板ヘルニアの手術をして
1,2ヶ月で症状が再発したそうです。

手術後、手術をしてくれた整形外科に行くと、
ヘルニアは取れてる。キツイ筋肉痛』と言われたそうです。

椎間板ヘルニアの全ての人が手術が必要ないわけではありません。
手術が必要な人もいますが、そうでない人もたくさんいます。

整形外科、病院で画像検査が異常があっても
今ある腰痛の原因か、関係ないかもしれません。

病名に振り回されていると
いつまで経っても良くなりません。

画像検査で病名がついても、いきなり手術になることは少ないと思います。
教科書的には、痛み止めの薬やリハビリなどで、手術をしない保存的な対処をします。

痛み止めの薬でも痛みがひかない人には、神経ブロック注射・・・。
病名がわかっても、手術以外では治せない多くの整形外科。

ここまで、読んで頂いたあなたは気になると思います。
自分の腰痛の原因はなんだろう?と・・・。

私が知っている腰痛の原因を見つける方法

いろいろ方法はありますが
この記事では、当院でも使う方法を紹介します。

体のある部分を押して、
腰痛の痛みが軽くなったり強くなる場所を見つけることです

たったこれだけ!
ですが、原因が人それぞれ違うので“ある部分”と書かせて頂きます。
私が最近、見ている腰痛で1番の原因はお腹です。

この患者さんは右のお腹が原因で腰痛になっていました。

やり方は、簡単。

  1. 腰痛の悪化する動作を確認。
  2. 原因として考えられる場所を押さえる。
  3. 先程の腰痛が弱くなる?強くなる?

その人の腰痛の原因は、押さえた場所にあります。
もし、腰痛の痛みに変化が無ければ、そこには原因はありません。

ですので、他の場所を押さえて再チェックしていき
その人の腰痛の原因を探し出します。

人によっては、腰痛の原因が1つとは限りません。

2つ以上が原因になっていることが多いですし、
原因が多いほど、治るまでに時間がかかることがあるように感じます。

ちなみに、原因として考えられる場所は
その人のライフワークによって変わります。

座っている仕事が多い人、立っている人が多い人。などでも
腰痛の原因は変わってきます。

画像には写らないものが、あなたの腰痛の原因になっています。

お問い合わせフォーム

❏お名前 (必須) 例)山口 徹也

1番使うメールアドレスを入力して下さい。

❏メールアドレス (必須) 例)abcseikotuinn@gmail.com

メールアドレス【確認用】 (必須)

❏携帯電話番号(必須)

❏お問い合わせ内容


確認の自動返信メールが届かない場合、
メールアドレスが間違っている事があります。
再度、確認後送信して下さい。

当院の場所・営業時間

072-241-8810
平日:10時〜19時
土曜日・日曜日:10時〜19時
不定休(セミナー参加のため)

整体MAX!!のスポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

柔道整復師・はり・きゅう師 出身地:堺市西区 趣味:育児・読書・仕事(笑) 好きな言葉: 「失敗しても当たり前。成功したら男前」 「明日やろうはバカ野郎。」 得意だと思っている症状 腰痛